ホースマケレルフィッシュ(ギンガメアジ)

【学名】
Caranx sexfasciatus Quoy&Gaimard,1825
【分布】
インド〜太平洋の熱帯から温帯域
【大きさ】
120p
【備考】
本種は淡水性熱帯魚界において汽水アジの名で流通し、3〜5cmほどの個体が輸入されて来る。汽水アジとして入荷するほとんどが本種であるが、稀にロウニンアジやオニヒラアジ、カスミアジの幼魚が混じることもある。本種には尾柄にある横帯を除き、5本の暗色横帯があり、他種と大まかな区別ができる。同属の中では河口域に留まる期間が長く、時には純淡水域にも侵入することがある。主に小魚やエビなどの甲殻類を食べており、最終的には海域で生活する。飼育は比較的容易であるが、活発に遊泳するので大きめな水槽で飼育し、全長20cm前後までは1/4〜1/2海水を用い、最終的には1/2〜完全海水で飼育することが望ましい。餌は動物性のものを好み、小魚やエビなどの活餌から冷凍餌料、人工餌料等大抵のものは食べる。したがって、口に入るサイズの個体は食べてしまうので、混泳には注意が必要。

Copyright:(C) 2000-2006 azumanettaigyo. All Rights Reserved.