ハクテンヨウジウオ

【学名】
Hippichthys cyanospilus  (Bleeker,1854)
【分布】
インドー太平洋域(紅海及び東アフリカ〜フィジー、日本では沖縄本島以南)
【大きさ】
16p
【備考】
極稀に淡水ヨウジウオの名で入荷するカワヨウジ属の一種。本種もイッセンヨウジ同様、底生性タイプのヨウジウオで、天然では、河口付近の藻場やマングローブ帯を主な棲息域としている。水槽内でも餌を捕る時を除き、流木や水草に寄りかかるようにしてじっとしていることが多い。自然界では塩分が含まれる汽水〜海域に多く見られるようだが、当研究所の経験では純淡水でも十分飼育が可能である。口が小さいので、飼育当初は孵化させたアルテミアを与え、後に冷凍ミジンコやコペポーダに移行させると良い。

Copyright:(C) 2000-2006 azumanettaigyo. All Rights Reserved.