レッドテールアカメフグ

【学名】
Carinotetraodon irrubesco Tan,1999
【分布】
インドネシア(スマトラ島、カリマンタン島)
【大きさ】
5cm
【備考】
アカメフグに酷似するが、尾ビレが赤く染まり、より美しい。また、分布域が狭い点も異なる。本種もアカメフグ同様雌雄の判別は体色で容易に区別できる。本種が棲息する川の水質はpH6.0と弱酸性で暗褐色をしており、同水域にはラスボラ・トルニエリ、R. バンカネンシスやデルモゲニスの一種などが見られるようである。飼育はアカメフグに順ずるが、同種間で争う傾向があるので複数飼育する際は注意が必要。この問題をクリアすれば、繁殖も可能である。

Copyright:(C) 2000-2006 azumanettaigyo. All Rights Reserved.