インドマミズフグ(インド・トパーズパファー)

【学名】
Tetoraodon fluviatilis Hamilton,1822
【分布】
インド、スリランカ、バングラディシュ、ミャンマー、ボルネオ
【大きさ】
17.0cm
【備考】
一見、ハチノジフグに似るが、腹部から体側にかけて入る黒斑が大きく目立つ。天然では、成魚は主に潮の影響のある流れの緩やかな川やよどみ、河口に棲息し、薄暗い岸辺付近を好む。餌は、軟体動物、甲殻類などを好むが、時には小魚や他魚のウロコも食べる。本種は主にスリランカから輸入され、インドマミズフグの名で流通していることが多いが、純淡水での飼育は好ましくなく、1/4〜1/2希釈海水での飼育が望ましい。ミドリフグなどと同様に人に良く馴れ、餌をねだる様子はとても愛らしい。飼育には直接関係無いが、本種の筋肉組織と内臓には猛毒があることがあるとの報告もある。

Copyright:(C) 2000-2006 azumanettaigyo. All Rights Reserved.