インド・エメラルドパファ

【学名】
Tetoraodon cutcutia Hamilton,1822
【分布】
インド、バングラディシュ、スリランカ、ミャンマー、マライ諸島
メコン河からの記録もある
【大きさ】
10cm
【備考】
純淡水性のフグ。体色は派手では無いが、赤い縁取りのあるエメラルド色の眼が何とも言いようの無い印象を与える。池、水路や河川で見られ、メコン河中・下流域からの報告もあるようである。一見、大人しそうであるが、意外と性格は荒い。従って、同種、他種問わず、混泳には十分な注意が必要。単独で飼育する方が管理は楽である。水質にはうるさくないが、中性付近の水質を維持すようにすれば問題ない。餌は、他のフグ同様、小魚などの活餌を好むが、慣らせば、クリルなども食べるようになる。

Copyright:(C) 2000-2006 azumanettaigyo. All Rights Reserved.