レッドラインパファ−

【学名】
Tetoraodon erythrotaenia Bleeker,1853
【分布】
インドネシア、パプアニューギニア
【大きさ】
8.5cm
【備考】
腹部が白色であるのを除き、全体が茶褐色を呈する。また、体側の色の境目に名前の由来でもある目立った1本の赤いラインが入り、派手では無いが、落ち着いた美しさがある。主に汽水域に棲息するフグで、マングローブ帯などの汽水域では普通に見られる。また、潮の影響のある「わんど」や川の淡水域でも見られる。頻繁に入荷するフグでない。飼育及び餌等は他の汽水性フグに順ずる。

Copyright:(C) 2000-2006 azumanettaigyo. All Rights Reserved.