北米
写真 説明
フロリダには大小多くの湖沼が存在するが、中でもオキチョビー湖は最も大きな湖。
釣り餌にはシャイナーと呼ばれる15p〜20p程の活き餌を使う。
釣り上げられたガーパイク。ガーの“ひき”は独特で釣り上げるまである程度時間をかけるのがコツ。
40p程のアメリカン・パイクを釣り上げた当研究生。20p程のシャイナーに喰らいついてきた。
湿地帯では水位30p程の湖沼にも、ガーパイクやアミアカルバが生息している。
岸辺には飛び跳ねたスポッテッド・ガーの姿も見られる。中にはまだ生きている個体も。
採集したアミアカルバ、ガー、パイク。飼育魚との比較のため、外部形態の測定や解剖はとても重要。
スポッテッド・ガーの解剖。この時期、胃の内容物にはザリガニなどの甲殻類が含まれていた。
植物が多く茂った場所では、胎生メダカの仲間やサンフィッシュの姿が見られる。
浅瀬にはフロリダ・アリゲーターの姿も。


閉じる