西アフリカ
写真 説明
セネガル、ギエ湖ではPo.セネガルスやクテノポマのほかに、1mを越すヘテロティスやPro.アネクテンス、30pを越すキタリヌス、テトラオドン・ファハカ、バルブ、テラピア等数多くの魚種が生息している。
はえ縄漁を終えた地元の漁師。船内には30p程のテラピアやバルブが山積みにされていた。
強電魚である生きたデンキナマズは、現地でも恐れられている。30p。
セネガル川で網を引き上げる若い青年たち。このあたりでは漁獲されるほとんどが、コイ科魚類。
その昔、奴隷貿易の拠点となったゴレ島。セネガルの首都、ダカールから3km、幅300m、長さ900mという小島。
ゴレ島は西アフリカ第一の史跡であり、犠牲者の数は驚異的である。島にはいたるところに、当時の悲しい史跡が残されている。
ゴレ島で収容される牢獄のような石造りの部屋には、小さな明り取りの窓穴が海側に数個あけられている。
漁村には多くの貨物船や漁船が見られるが、乾期には水位が著しく低くなるため、大型船はこの時期運航できない。ニジェール川。
ニジェール川で洗濯をする村の人々。大きな明るい笑い声が絶えない。
ニジェール川には1mを越すナイルパーチやPo.エンドリケリー、大型シノドンティスやタイガーフィッシュ、テラピアなどが生息している。どれも重要な食用魚。
現地の女性は、大人も子供もとてもオシャレで色彩豊かな衣服がよく似合う。
バンディアガラの断崖の民、ドゴン族が暮らすティレリ村。ドゴン人にまつわる神話は多い。
けたたましく鳴る太鼓や笛で大地を揺るがすドゴンダンスで、我々を歓迎してくれた。お面や装飾品など同じ物は二つとなく、皆それぞれが特有の特徴を表わしている。
ドゴンダンスはとてもリズムカルなテンポで、つい体が動いてしまう。


閉じる